読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Win32 I/O キャンセル API と"ゾンビ" プロセス

アプリケーション終了時の障害

Windows アプリケーションは、ユーザーがアプリケーションを閉じたときに (タイトル バーの [X] をクリックした場合など)、正常に終了しないことがあります。このような場合、アプリケーションのウィンドウは閉じますが、よく調べると、アプリケーションのプロセスがプロセス リストに残ったままになっています。このようなプロセスは、"ゾンビ" プロセスと呼ばれます。ゾンビ プロセスは強制終了できません。ゾンビ プロセスによってアプリケーションの再起動ができない場合があり、予期しない動作が行われることもあります。復旧するには、コンピュータの再起動が必要になる場合があります。

マイクロソフトでは、このような動作に関する事例報告を多数受けており、その原因は障害のあるドライバによるものと推測していました。また、根本的な原因を特定し、その解決方法を明確にするために、信頼のできるデータを調査していました。このようなデータを収集するために、特殊な機能を備えた Windows XP のバージョンを開発しました。このバージョンは、カーネル データの収集とレポートを行います。このデータには、スタック プロセスを待機するドライバ要求に関するデータも含まれています。特別なテクニカル ベータ プログラムを通じて、このバージョンを、マイクロソフトの内部ユーザー、および選抜した顧客に対して展開しました。

報告されたレポートを調べると、弊社で推測していた原因だけでなく、終了時の障害やアプリケーションからの応答がないという問題は、Windows やドライバに、ドライバでの作成要求をキャンセルする機能がないということも原因であることが確認されました。このような障害を解決するために、Windows を修正する必要があったのです。

あー,何で今頃になって Win32 I/O キャンセルが大量に追加されたのかと思ったら,そういうわけですか.