読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DLL の闇 (4)

.NET

折角なので,先ほどの The Old New Thing に記事について少し触れておきましょう.人ごとではないことが分かるかと思います.

Don't name your DLL "Security.dll"
http://blogs.msdn.com/oldnewthing/archive/2004/07/02/171769.aspx

事件は,ASP.NET 開発で,Security というプロジェクトを作ってしまったところから始まります.デフォルトのままであれば,生成される .NET アセンブリの名前は Security.dll になるでしょう.不幸だったのは,システムディレクトリにもまったく同名の DLL が存在したこと,そしてこの DLL が実際に裏で使われていたということでした.その結果,database との接続がうまくいかなくなった,というわけです.
.NET では,.NET 内で閉じる限り,アンマネージドコードな DLL に比べ比較的一貫したモジュール探索や同一性検査が行われます.しかし,拡張子 DLL を使用している以上,今回のように Win32 DLL としての側面が,アンマネージドコードな世界で問題を引き起こすことがあります.



例として,Managed DirectX でありそうなシナリオを示します.
まず,Sample Browser から,Tutorial 1: Create a Device をコピーしてきます.これはまあ問題なく動くとしましょう.
次に,Direct3D 絡みの処理をまとめるために,D3D9 というクラス ライブラリ プロジェクトを作成します.

D3D9 というクラス ライブラリ プロジェクトを作成

さらに,元々のプロジェクトの参照設定で,この D3D9 プロジェクトを追加します.

D3D9 プロジェクトを参照設定に追加

この段階で,Crtl+F9 または「デバッグ」→「デバッグなしで開始」を選択し,プロセスを起動してみるとどうなるでしょうか?

起動

とまあこうなるわけです.



結論としては,.NET 開発においても,アセンブリ名には十分注意する必要があります.システムディレクトリに存在する DLL 名は,極力避けた方が賢明でしょう.同名の DLL を使用するアンマネージドコードがあった場合,問題になり得ます.あるいは,競合しそうな短い名前の DLL は,exe ファイルと同じディレクトリに配置しないようにするべきです.
参考までに,Vista build 5456 の system32 以下の DLL 一覧を置いておきます.
http://www.dwahan.net/nyaruru/hatena/vista-5456-system32-dll.txt
例えば P2P という名前のプロジェクトを作っていて,生成アセンブリ名が P2P.dll というのに心当たりがある方,気をつけた方がいいかもしれませんよ.