読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Windows スタンダード」≠「Windows Vista スタンダード」

Vista

非常にすばらしい『【特集】〜インストールから設定・活用まで〜 すべてが分かるWindows Vista大百科』ですが,デスクトップテーマに関して若干訂正した方が良い箇所があるように思います.ただ,単純な用語の定義の問題であって,技術背景について大きな誤認があるという話ではありません.
先日この日記でも,「Windows Vista Standard UI」で Direct3D による Desktop Composition が有効であることを取り上げましたが*1,誤解しやすい点についてもう少し文章を補っておくべきだったと思い始めています.
というのも,従来から使われている「Windows スタンダード」という配色名が Windows Vista でも残っている箇所があるのですが,私が意図していた「Windows Vista Standard UI」が,この配色名としての「Windows スタンダード」のことではないということをもう少し強調しておくべきだったのです.詳しく見ていきましょう.



Windows Vista の誤解を取り上げる『Vista Mythbusters』シリーズの第5回目,『Vista Mythbusters #5: Aero isn't rocket science』にはこうあります.

Windows Vista のどの側面を見ても,新しい Windows Aero user experience より混乱に満ちたものはありません.全く同じ言葉の集合を用いた専門用語を,公認のレドモンド学専門家がかろうじて理解できる程度にごちゃまぜにすることで,Microsoft はこの混乱を盛り上げてきました.まず最初に,混乱させてくれる Vista Basic テーマがあります.これは,Vista Home Basic だけでなく,任意の Vista のバージョンで動きます.しかし,もしあなたが立派なビデオカードを持ち,Vista Home Basic を実行していれば,あなたは Windows Vista Standard テーマを手に入れるでしょう.これは Premium バージョンに全く存在しません.全ての Vista のエディションで Windows Standard テーマが選べるにもかかわらずです.そして……

あぁ,降参だよ.

この記事でも述べられているように,テーマに関する混乱の大半は,Microsoft の付けた名前達にその原因があると見て間違いありません.
私も長いこと Windows Aero というレドモンド語とその周辺の混乱を見てきましたが,明らかに人類にとって害悪なネーミングセンスです.



まず最初に,「Windows スタンダード」と「Windows クラシック」という配色名が,Windows XP に存在するところから見てみましょう.これは,「Windows クラシック スタイル」を選択することで現れます.(XP の時代で既に混乱の下地があったわけですね)




これが,Vista ではこうなります.(スクリーンショットは Ultimate エディションのもの)




どこに着目すればいいのか,だんだんと分かってきました.テーマというのは,もちろん配色も変えますが,ウィンドウやボタンの形状,アニメーションパターン,壁紙など,より広範囲にデスクトップのスタイルを変更しています.そうすると,以下の 3 つは,「Windows Vista」と名付けられたテーマに包含されるという扱いなのではないでしょうか? ウィンドウやボタンの形状などが似通っているところに,Vista という「テーマ」としての共通性を見るわけです.

一方で,以下の 2 つの名前が指すものが,Windows Vista に存在する「Windows クラシック」と名付けられたテーマに含まれると考えてみましょう.Windows XP 時代と特に変わりがないことに気付きます.

  • Windows クラシック テーマ
    • Windows スタンダード
    • Windows クラシック

ここでも「スタンダード」という言葉が登場しました.そうです,ここが混乱の元です.なぜなら,Windows Vista の上位エディションでスタイル周りに「スタンダード」という言葉を探しても,ここしか見つからないわけですから.実際に Windows Vista Home Basic エディションも試してみないと,「Windows Vista スタンダード」などという紛らわしいものも存在することに,なかなか気付けないかもしれません.
【特集】〜インストールから設定・活用まで〜 すべてが分かるWindows Vista大百科』では,恐らくこのあたりに勘違いがあったのではないかと予想されます.



ちなみに私も某誌の原稿で「Windows Vista スタンダード」のスクリーンショットを使うことにしたのですが,これにはずいぶんと苦労させられました.私の知る限り,このスクリーンショットをとる唯一の方法は,Windows Vista Home Basic エディションを実際にインストールすることです.
以下にそのときのスクリーンショットをおいておきます.Alt+Tab のウィンドウ切り替えの様子が,Windows Aero の透明感を無効にしたものとは異なっていることに注目.

その他のテーマごとの見え方の違いについては,『Vista Mythbusters #5: Aero isn't rocket science』で紹介されていた『Windows Vista: The “choose your own adventure” UI』というページが非常に分かりやすくておすすめです.

*1:id:NyaRuRu:20070117, id:NyaRuRu:20070115:p1