読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kill -KILL

Wikipedia より.

切捨御免(きりすてごめん)とは苗字帯刀と並ぶ江戸時代の武士の特権である。別名を無礼討とも。

近世において武士が町人・百姓らから耐え難い無礼を受けた時は、斬殺しても処罰されない。ただし、無礼な行為を制止するための緊急避難的な行為と認識されており無礼を働いた事への処罰ではない。このため結果的に相手が死ぬことはあってもとどめを刺さないのが通例である。 また無礼な行為と無礼討ちは連続している必要があり、以前行われた無礼を蒸し返しての無礼討ちは処罰の対象となった。 そして無礼な行為を立証する証人も必要とされており、いない場合は裁判を受けねばならず、処罰されるなど適用の条件は意外に厳格であった。このため実際に無礼討ちが認められた事案はそれほど多くはない。

これが海外に輸出されるとこうなる.

Kiri sute gomen (斬り捨て御免 or 切り捨て御免 : literally, "authorisation to cut" or "authorisation to leave" (the body of the victim) is an old Japanese expression dating back to the feudal era right to execute and be excused. Samurai had the right to strike at anyone of a lower class who was compromising their honour; the attacked person would generally seek to defend himself. This expression would name the samurai's blow, meaning either "sorry to kill you", or "I am sorry to kill but I have the right".

The expression is still sometimes used in modern day as "I apologise in advance for this one" for the subtle humour in offering what amounts to a unsympathetic apology.

どっちの設定でもそれぞれゲームが作れそうだけど,それがもう一方の国で受けるかどうかは微妙かもしれない.
まあ何にせよ,今日からしばらく kill -KILL するときの合言葉は"I am sorry to kill but I have the right".