読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憂鬱な勇者の 3 分クッキングを追記した

.NET

「憂鬱な勇者」を C# で - NyaRuRuの日記』に「外伝: 憂鬱な勇者の 3 分クッキング」を追記してみました.『憂鬱な Windows 使いの冒険 - NyaRuRuの日記』ではここまでくるのにやたらと時間がかかってしまいましたが,『入門編で仕切り直そうか - ものがたり』を読んで,やはり高速道路の橋げたぐらいは残しておくかなと.
ちなみにこういうのです.


NyaRuRuさんとこから id:hrkt0115311:20080530:1212133902 に辿り着いた。いかんですな。そろそろmonoの基本情報がトリビアになりつつあるよ。最新開発動向を伝えるmono meetingではなくて、入門的な内容で一度話をしたほうがいいかもしれない。

しかし時期的には6月の下旬にXimianでリアルミーティングが行われるので、その後くらいが開発動向の話をするにはちょうどいいんだよなあ…とりあえずそっちを先にして、入門的な方についてはまあ、ちょっと別途やり方を検討中でござんす。

個人的には,プログラマっぽいソリューション,例えば Silverlight VM に gmcs を載っけるとしてクリアすべきハードル,みたいなことについてみんなで考えるのもありなのかなーとか思ったり.

イマドキの mono 入門はどうあるべきか?

.NET VM 上で動く C# コンパイラの分野で,mono は Microsoft の数年先を走ってます.一方の Silverlight VM は,現在 Microsoft も鋭意開発中ですが,まあ年内にはものになるでしょう.そこに gmcs をライブラリ的に載っけていくのは,多分いくつか困る点もあるでしょうけど,直感的にはそれほど無茶な話でもないんじゃないかと思います.もっともこれは,あんまり下調べもしていない適当な印象なので,あんまり真に受けられても困りますけど.
ただ,これはうまく行けばリターンも大きくて,例えば gmcs の最新ビルドがブラウザひとつでみんなでテストし放題,さらに Silverlight 版 gmcs コンソールから Silverlight 版 gmcs のソースにパッチを投げられたりすると何だかとてもすごそうです.潜在的ユーザの多そうな MSDN blog あたりでは,神いわゆる GOD として認知されるかもしれません.スペースシャトルの打ち上げに招待されることはないでしょうが,チームの打ち上げぐらいなら招待してもらえるかもしれません.
とか書いておくと,誰か若い人がずびびっと成し遂げてくれちゃったりしませんかねぇ? 実際問題として,ゲームセンターでシューティングゲーム台を囲む代わりに,Web のコードゴルフ場が賑わう昨今,Windows (つまりは Visual Studio) っぽくもなく,Unix (つまりは emacs) っぽくもない,ブラウザ世代が世界を引っ張っていくように見えるわけで,そういうルートからの入門もあってもいいよなーと思います.