読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保護モードと IME

Windows アプリケーションに,統一的な "Protected Mode" (保護モード)の仕様や基準といったものはありません.保護モードと呼ばれている各技術の実装は製品ごとに異なります.A という製品の「保護モード」を有効にした状態で IME が動く(ように見える)からといって,B という製品の「保護モード」を有効にしても同じ IME が動く(ように見える)とは限りません.

例えば,Google Chrome は,ウィンドウ処理を行うブラウザプロセスと,HTML のレンダリングを行うレンダラプロセスを分けており,Chrome の保護モードが適応されるのはレンダラプロセスの方です.IME はウィンドウ処理が行われるブラウザプロセスに読み込まれるため,IME にとっての Chrome は,(プラグイン周りをいったん忘れることにすると) メモ帳などと同じただのデスクトップアプリケーションです.

UAC が有効な環境での Microsoft Internet Explorer は,整合性レベルが Low に設定されたプロセスでウィンドウ処理と HTML のレンダリングを実行します.IME はウィンドウ処理を行うプロセス内に読み込まれるので,IME は整合性レベル Low のプロセスで動作する必要があります.なお,Internet Explorer は,整合性レベルを Low にする以外ほとんどプロセスの設定を変更しないため*1,メモ帳を PsExec の -l オプションで起動して IME のテストをするだけでも十分有用です.

Adobe Reader や Firefox 版 Adobe Flash Player の「保護モード」はというと,Chrome の Sandbox 関連の技術を利用していることが Adobe から公表されています*2.Chrome とは異なるのは,ウィンドウ処理を行うプロセス自体を Sandbox 内で実行するということです.このケースでは,IME は Sandbox 化されたプロセス内で動作することになります.

アプリケーション IME の動作環境
Google Chrome メモ帳等と変わらず
Microsoft Internet Explorer 整合性レベル Low
Adobe Reader X Sandboxed process

なお,ブラウザプラグイン特有の IME 関連の問題についてに関しては (基本的に) 今回は扱いません.

*1:他には,HKCU のマッピング が行われたり

*2:たとえば http://blogs.adobe.com/asset/tag/sandbox 内にもいくつか言及が見られます