読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows Vista (x86) SP1 ではデスクトップヒープのデフォルト値が増やされてる

Vista

32bitOSの限界は最近ひしひしと感じざるを得ない状況になってきているので、そろそろなんとかしてほしいなぁ。メインメモリ上限4GBよりも、非ページプール上限とか、デスクトップヒープの上限とか。Vistaの32bitの不安定の一因に、デスクトップヒープの限界があってもおかしくないと思うし、実際にそういう指摘もされてたりしますよね。

インメモリの容量に関係なく、このヒープは一律 3MB 割り当てられているようです。レジストリの設定で増やせますが、大幅な追加は推奨していないようです。目いっぱい RAM を搭載できる現在、これがどの程度システムに影響を与えるのか、その根拠についてはわかりません。

Vista x64 で同レジストリエントリを調べると、32bit OS のおよそ 6.6倍に相当する 20MB 割り当てられていました。

Windows Vista x86 版 のデスクトップヒープ (正確には Interactive Desktop Heap) のデフォルト値ですが,SP1 のタイミングで 12MB へ増やされています.従来比 4 倍.x64 版は RTM 版も SP1 も変わらず 20 MB.あと Windows Server 2008 (x86) も最初から 12MB.